NISA口座に既存の株・投信を移行できる?

既に持っている株や投信などをNISAに適用できますか?

NISA口座と一般の口座(特定口座や一般口座)などでは、保有している株や投信をやりとりできるのでしょうか?

 

既に持っている株式や投信をNISA口座へ移すことはできるの?

NISAが開始される2014年以前から、株式や投信などに投資しているという人も多いと思います。

 

保有している株式の売却益は、株を売った時に発生しますので、NISAの利益に対して非課税になるというメリットを活かしたいものです。

 

現在持っている株式や投信をNISAへ移して売却益を非課税にすることができればよいのですが、残念ながら、他の口座からNISA口座へ株式や投信を移管することはできません。

 

形式的には、現在持っている一般の口座で保有している株式を売却して、NISA口座で改めて同じ株数の同一株式を購入すれば、保有株数を移すことが可能です。

 

ただし、一般の口座で株式を売却した際に売却益が出ていれば、その利益に対して税金を支払わなければなりません。

 

また、一般の口座で売却した時の手数料やNISA口座で購入した時の手数料については、所定の金額を支払う必要があります。

 

例えば、一般の口座で株価500円でA社の株式を1000株購入して、5年後に株価が1000円に上昇していると仮定します。

 

現在の価値は100万円なのでNISA口座の非課税枠で購入することは可能です。

 

一般の口座の1000株を売却して、NISA口座でA社株1000株を購入すると、一般の口座で得られた売却益(1000円−500円)×1000株=50万円に対して、課税されることになります。

 

NISA口座で持っている株式や投信を一般の口座へ移すことはできるの?

逆に、NISA口座で保有している株式や投信を、特定口座や一般口座などの一般的な口座へ移すことは可能でしょうか?

 

基本的には、NISA口座から一般の口座へ株式や投信を移管することは可能です。

 

前述の一般の口座からNISA口座へ移す場合とは異なり、売却手数料や購入手数料を支払う必要はありません。

 

ただし、NISA口座では売却益や配当金・分配金などに対する税金はかかりませんが、一般の口座に写した場合には、その後の利益に対しては税金がかかることになります。

 

一般の口座での取得価格は、NISAから移管した時点での価値となります。

 

例えば、NISA口座を使って、株価1000円でA社の株式を1000株購入したと仮定します。

 

購入価格は100万円になりますので、その年の非課税枠の限度内に収まっています。

 

5年後、株価は2000円に値上がりしていると仮定します。

 

その時点で一般の口座に移管した場合、一般の口座では、1000株のA社株を保有することになりますが、その株式の取得価格は、最初にNISA口座で購入した1000円ではなく、一般の口座へ移管した時点の2000円ということになります。


NISAで選ぶなら!証券会社人気ランキングBEST3

最大150,000円プレゼント、他特典満載

取扱投信本数多数という豊富なラインナップ ネット証券最多の外国株9ヵ国取扱いあり
国内最大手のネット証券会社ということもあって、満足度や信頼性という面では安心して選べる。取扱い本数が多いので投資に選択肢が増えるメリットも。
株手数料:★★★★☆
手数料恒久無料
限定特典:★★★★★
口座開設時に抽選キャンペーンなどもあり要チェック
投資信託:★★★★★
取扱い本数がとにかく豊富
サポート:★★★★☆
フリーコールのサポート窓口あり
取引環境:★★★★★
ネット証券最大シェアの使いやすさ

NISAの手数料が「恒久無料」!

現行の制度が続く限り買付時け売却時どちらも手数料無料
2014年だけでなく、2015年以降もNISA手数料を無料に設定しています。キャンペーン狙いではなく「本気で取引に使う」という方にオススメです。
株手数料:★★★★★
驚きの恒久無料
限定特典:★★★☆☆
2015年以降も手数料無料が確定!
投資信託:★★★★★
ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)も手数料無料
サポート:★★★★☆
フリーコールのサポート窓口あり
取引環境:★★★★☆
初心者も使いやすいツールが無料

NISA口座は国内株式売買手数料0円&海外ETF買付手数料全額キャッシュバック!

現行の制度が続く限り買付時け売却時どちらも手数料無料
2014年だけでなく、2015年以降もNISA手数料を無料に設定しています。キャンペーン狙いではなく「本気で取引に使う」という方にオススメです。
株手数料:★★★★★
驚きの恒久無料
限定特典:★★★☆☆
2015年以降も手数料無料が確定!
投資信託:★★★★★
ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)も手数料無料
サポート:★★★★☆
フリーコールのサポート窓口あり
取引環境:★★★★☆
初心者も使いやすいツールが無料