株式投資のやり方ガイドTOP > 株式投資のリスクと注意 > “損切りライン”の決め方について

“損切りライン”の決め方についてについて

 

みなさんは、きちんと損切りラインを決めて、決断できていますか?

 

株式投資を行う場合、上手に損切りをすることが大切です。
しかし、必ず損切りをする時は迷いが生じる事でしょう。
そんなときに「このタイミングで切る」と、前もって決めてさえいれば、損切りもスムーズにできる事でしょう。
それでは、ここで損切りをする基準を考えてみましょう。

 

金額・・・購入してから、含み損がいくらになったら売却すると、金額を具体的に決めておく方法。
     売るラインが初めから決まっているので、損切りすることがそれほど苦ではないはずなのです。
     ただ、そのラインをいくらにするかの点で、悩むと思うのですが、次の銘柄を買える程度のお金が残るようにしておきましょう。

 

パーセンテージ・・・具体的に金額を決めるのではなく「○%下がったら売却する」と、“割合”で考える方法。
          この場合には、購入した株の値動きにも影響するので、注意が必要になります。
          値動きが、とても大きくて、1日のうちに、5%や10%も変動してしまう場合は、損切りをあっという間にすることになるのです。
          逆に、値動きがほとんどない場合には、長い間含み損を抱える可能性があるので、よく銘柄の特徴を見極めて考えるようにしてくださいね。

 

チャート・・・チャートから、意識的に前回の安値を見る人は多くて“下支え”となることも多いのです。
       つまり、株価がそこを割って下がった場合には、さらに売りが続いてしまうのです。
       その結果、どんどん株価が下がっていくので、下支えになっているラインを割るときを損切りする基準にする方法もあるのです。

 

株式投資で、損切りをするタイミングを、あらかじめ決めておくことはとても大切です。
しかし、ここで述べた方法は絶対的なものではなく、相場をよく見て臨機応変に対応できるようにしたいですね。

 

記事一覧記事一覧

仕手株の動きについて

みなさんは、仕手株の動きはどのような物だと思いますか?仕手により、上がった仕手株は、理由もなく急上昇することがあります。しかし、その後はどんな動きをしているのでしょう?...

「仕手株」に気をつけよう

みなさんは、「仕手株」を知っていますか?特に大きなニュースがないのに、株価が急上昇する銘柄も中にはありますよね。それは、「仕手株」というものかもしれませんよ。株価が...

“損切りライン”の決め方について

みなさんは、きちんと損切りラインを決めて、決断できていますか?株式投資を行う場合、上手に損切りをすることが大切です。しかし、必ず損切りをする時は迷いが生じる事でしょう。...

危険な株について(1)

みなさんは、どんな株が危険なのか知っていますか?株式投資を始めたら、いろんな銘柄が気になってくるでしょうね。また、なんとなく儲かる気がする銘柄も出てくるかもしれませんよ...

危険な株について(2)

あなたは、危険な株にはまっていませんか?株式投資をする時に、気軽に手を出してはいけない株もあるのを知っていますか。株式投資初心者が、そんな株に手を出せば、大きな損失を出...

精神的リスクと時間的リスクとは?

みなさんは、株式投資には、どのようなリスクがあると思いますか?株式投資に潜む「精神的なリスク」と「時間的なリスク」についての説明です。精神的なリスク・・・“含み損”...