株式投資について

 

みなさんは、株式投資に興味はありますか?

 

株式投資を経験したことのない人には、「そもそも株式投資とは何?」と疑問ですよね。
簡単に言えば、「ある会社の株を購入して利益を図る」資金運用方法になります。

 

それでは、株式投資で、どのように収益が上がって、どんなコストがかかるのでしょうか。
預貯金の場合、利息の収入と税金だけを意識しますよね。しかし、株式投資の場合には、支出と収入の経路がいくつかあるのです。

 

株式投資で得られる収益は、「値上がり益」「配当金」が、挙げられるのです。

 

「値上がり益」・・・保有している株式を売った時に、売った価格が購入した価格よりも上回った場合に得られる収益。
          投資元本そのものが、拡大するととらえられています。

 

「配当金」・・・投資した会社から株主へ支払われるもの。
        通常、配当金は「一株当たり○○」という形で支払われて、支払われる回数は、年に1〜2回がほとんどになります。
         注意しなければならない点は、配当の金額や時期が、会社により異なること、会社側の都合により配当のない場合もあることなのです。

 

また、配当金とは異なるのですが、似たものに「株主優待」というのがあります。
株主優待とは、自社の製品や割引券などの現物の配当で、上場企業の約1,000社が採用しているのです。
持ち株数に関係ない場合がほとんどで、"おまけ"のような位置づけになります。

 

株式投資において、この"収益"をより上げることが目標になるのです。
「値上がり益」と「配当金」は、まったく別物のように感じるのですが、本質的には同じことになります。

 

金融庁ホームページ
許認可を与えたり監督する官庁です。
www.fsa.go.jp/