株式投資について

 

みなさんは、株式投資に興味はありますか?

 

株式投資を経験したことのない人には、「そもそも株式投資とは何?」と疑問ですよね。
簡単に言えば、「ある会社の株を購入して利益を図る」資金運用方法になります。

 

それでは、株式投資で、どのように収益が上がって、どんなコストがかかるのでしょうか。
預貯金の場合、利息の収入と税金だけを意識しますよね。しかし、株式投資の場合には、支出と収入の経路がいくつかあるのです。

 

株式投資で得られる収益は、「値上がり益」「配当金」が、挙げられるのです。

 

「値上がり益」・・・保有している株式を売った時に、売った価格が購入した価格よりも上回った場合に得られる収益。
          投資元本そのものが、拡大するととらえられています。

 

「配当金」・・・投資した会社から株主へ支払われるもの。
        通常、配当金は「一株当たり○○」という形で支払われて、支払われる回数は、年に1〜2回がほとんどになります。
         注意しなければならない点は、配当の金額や時期が、会社により異なること、会社側の都合により配当のない場合もあることなのです。

 

また、配当金とは異なるのですが、似たものに「株主優待」というのがあります。
株主優待とは、自社の製品や割引券などの現物の配当で、上場企業の約1,000社が採用しているのです。
持ち株数に関係ない場合がほとんどで、"おまけ"のような位置づけになります。

 

株式投資において、この"収益"をより上げることが目標になるのです。
「値上がり益」と「配当金」は、まったく別物のように感じるのですが、本質的には同じことになります。

 

初めて株を売買する人でも利益を出せるコツというのは、焦って行動しないことです。

ずっと気になっていた株の銘柄が急騰しているといって急いで買い付けに走ると大抵は高値掴みという結末を招いてしまいます。

どのような高騰の理由があるのか、暴騰しているのではないだろうかと株を買う前に一度深呼吸して分析検討してみましょう。

株については初心者が基礎知識習得のためにすべきことは、まずは本で株式投資について学び、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと思います。

株式投資についての本を五冊くらい読めば、読破した本の中の共通する部分は株式投資をする上で必須だということがわかるからです。

株に投資する事において、充分な時間を確保できることは必須な要素です。

日本最大の株式市場である東証が開いている時間は午前9時に始まり午後3時に終えるので、更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に、時間が取れるというのが望ましいのです。

この点で奥様方は、初心者であっても好都合な立場で、株への投資が出来ると言えるでしょう。

私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく知らないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。

はじめはまったく利益が上がらず、含み損で苦しんでいたのですが、いまでは経済が明るくなったのか、私の手法がうまくなったのか利益があがるようにうまくなりました。

株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないと考えられています。

無理ないことかもしれませんが、株式投資を長期間続けていこうと意識しているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。

その理由は、空売りについて理解するということは買うほうの気持ちを理解するとともに、売る側の気持ちについても考えるようになり、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。

株を始めた人から上級の人まで必ず確認しないといけない数値が日経平均なのです。

日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本を代表する全225社の株価を平均したものをいいます。

初めての人でも毎日のように続けて日経平均をチェックすれば、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。

円安の意味とは、他国の通貨より円の価値が相対的に下落することを指します。

一般的には円安の状態になると株が上がりやすくなる傾向があるようです。

輸入により商売をしている企業の場合には輸入コストが高くついてしまい収益が減ってしまう結果になってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。

自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。

初めて株取引をされるなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を開設することをご提案します。

手間のかかる確定申告の作業や調査に費やす時間をなるべく減らして、かわりに、株式投資のための情報を集めることに労力を使うことができるからです。

株の売買の方法には、現物株以外にもいろいろな投資方法があります。

オプションもその中の一つです。

オプションには買う権利であるコールというものとプットという売る権利とがあって、おのおの売買でき、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。

かなり魅力のある投資の方法ではありますが、十分な知識がいることでもあります。

信用取引というのは現物株や現金を担保として資金以上の取引や空売りができることが大きい特徴といえます。

特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、うまく利用できれば相場が上げ方向でも下げ方向でも稼ぐことができる武器となります。

しかし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金の管理を慎重にすることが大事です。

株に詳しくない方だけでなく、株式投資をする人の大部分はできる限り手数料が低いネット証券に口座を開くべきだと思います。

理由は、株式を売買する時の手数料が安くすめば株式投資の売買が至ってすばやくできるからです。

上昇や下落がどのくらいになるかを時間を追って確認するものとしてチャートを分析する投資家はたくさんいます。

例えていうと、大幅に上髭の伸びた株のローソク足はこれから、下降するのではないかと見て取ることができますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを判断するのに役立ちます。

株投資で失敗しない方法などといった記事や本をよく目にします。

ですが、100パーセント失敗しないということなんてありません。

ただし、ちゃんと勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもありえるのが株というものなのです。

失敗することに怯えたり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しみが待っていると思います。

株の経験が浅い人はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌にのっているようなオススメ銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、投資するといいでしょう。

売買を繰り返して、少しずつ知っている銘柄の数を増やしていくことで、自分で利益が得られると思える銘柄を見つけ出すことができるようになるのだと思います。

株投資をする会社員は職場で働いている時は相場を見れないので、基本としてデイトレードのようなことはできないです。

なので、たくさんのサラリーマン投資家の方々は決算書を読み込み、割安株を探し出し、投資しているのだそうです。

おすすめ証券会社を比較!

 

NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】より引用

ここで、気をつけておかなければならないことは、すごく魅力的に見えるキャンペーンでも、短期間に限定されているケースが多いということです。証券会社を選択して、一旦NISA口座を開設すると、現行の制度では2018年までは別の証券会社でNISA口座を作ることはできません。従って、早い段階でNISA口座を開いてもらえれば、2017年までは安泰なので、短期間のキャンペーンが多くなっています。
xn--nisa-t01ir75g8lyqgv.com/



金融庁ホームページ
許認可を与えたり監督する官庁です。
www.fsa.go.jp/